« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

9月1日

静止画ではありません。身動きひとつしないカメラ目線のマミです。爆笑。

9月1日大雨の朝の散歩。マミは、全く雨を気にしていませんでした。

8月26日今朝の出会いのワンちゃん。

H19826

元気なワンちゃんを嫌がるマミなのに・・・。もの凄く元気なこのワンちゃんに、マミの方から尻尾をフリフリして近づいていきました。歳をお尋ねすると、マミより年寄りの13歳ワンちゃんでした。不思議な出会いの出来事でした。

いつもデジカメでマミの写真は撮っていましたが・・同じデジカメで動画も撮れるとは全く知りませんでした。〔ハジハジ〕それで、今朝初めてマミの動画を撮ってみたのですが・・・これをどのようにブログに貼り付けたら良いのかさっぱり???・・

おおっヤッター。動画が・・・。昨日までセミの鳴き声が五月蝿いほどだったのに、動画を再生してみると虫の音だけ・・・間違いなく秋は近づいてきているなぁ~。

それにしても、ウン○場所を探しまくるマミの動画かい。笑。

8月24日

めっきりと夜明けが遅くなってきましたねぇ~。これでAM5:30なんですから。

H19824

さぁマミ、今朝も散歩しような。〔バックミラーに写るマミ。〕

H19824_2

H19824_1

H19.8.23 ぐーすりと熟睡のマミです。

H19823

ウェステイーグッズのキーホルダーです。

Photo

| | コメント (22)

8月17日 今朝の出会いのご近所のワンちゃん。珍しくマミの方から近づいていった。すると、相手のワンちゃんが(うーっ)と唸っていました。

H19817

8月14日 マミの朝散歩・・少しでも涼しい内にとAM5:00から開始しました。どうしても気に掛かるツバメの巣の近くに差し掛かると、今までとはまるで違う様子が目に映ってきました。十数羽のツバメ達が電線に停まっているのです。すると、どこからとはなくサーッとツバメが飛んできては電線のツバメ達にエサを与えては飛び去っていきます。〔ははーん、電線のツバメは、巣立ちした子ツバメ達なんだ。〕

H19814_1

H19814_2_2

という事は、巣の子ツバメ達も巣立ちしたのか?

急いで巣を覗き込むと、3匹ともピーピー泣きながらいました。

H19814_3

この巣の周りに居る子ツバメ達や親ツバメ達は・・・・・じゃぁ何?????

そうか、いよいよの日本に別れを告げる旅立ちの日の為に、皆んなでこうして巣立ちを促しにやって来ているんだぁ~・・と分かって・・感動してしまいました。

翌朝〔8/15〕・・・・・・・。ツバメの巣に近づくにつれ・・様子が一変しているのがわかりました。どこにもツバメの姿が1匹もありません。

巣を覗き込むと・・・・・・・・。

H19815

あぁー・・巣立ったんだぁ~・・・・・・・。そして、皆んなで次の巣へ行っちゃったんだなぁ~。

何だか、明日から寂しくなるなぁー。

ツバメちゃん達、元気にナー。

| | コメント (12)

8月13日

例のツバメが気になって、ツバメの巣のコースで朝の散歩をしてみました。巣に近づくにつれ・・あれ?十数羽のツバメが全くいない。巣を覗き上げて見ると、1羽の親ツバメが慌しく巣の中で動き回っています。

H19812

子ツバメの姿は2匹しか見当たりません。  こりゃ~1匹・・巣から落ちたのかな????・・と、辺りを見渡しても、其れらしき様子がありません。・・すると、頭上でピーピーと言う泣き声・・見上げると電線に停まっている子ツバメに餌を与える親ツバメの姿が・・餌を与えると写真を撮る間もなくサーッと飛び去っていきました。

1

2

おおっ~いよいよ巣立ちなんだぁ。役目を終えた親ツバメ達は、一体どこに??夕方・・気になって、見に行ってみると・・巣から子ツバメの姿が見えません。暑くて引っ込んでいるのか、一気に巣立ちしてしまったのか。明日の朝のマミ散歩で確認してみます。

昨日まで元気だったので14日間もステロイドをマミに与えていませんでした。けれども、昨日の夕方の散歩ではちょっと元気がなかったようです。今朝、散歩の準備をしていると〔元気な時にはバタバタ喜ぶのに、ちょっと様子が何時もと違いました。〕

散歩の最中に、他のワン子の散歩を見つける度にトコトコと逃げ出すマミを見て、これは限界だなぁ~と思い、今朝の食事でステロイド1.25mgを与えました。

H19812_1

8月11日

今朝は、とっても感動してしまいました。

いつもの朝のマミの散歩の時のことでした。
昨日見つけたツバメの巣の辺りに差し掛かると、十数羽のツバメが飛び交っています。
それらのツバメが次から次へと巣の方に入っていきます。
こりゃ大変だ・・襲われているのかも・・・・・。と思い、じっと見ていると
ツバメは子ツバメに次から次へとエサを運んでいるじゃないですか。
エサを与えたツバメは、サァーとどこかに飛び去っていきます。
そんな様子の中で、また一匹何かを口に咥えたツバメが巣の方に飛んできました。
なな、なんと・・そのツバメは、3匹の子ツバメで満杯の巣を修理し始めたじぁないですか。
その決定的な瞬間の写真がこれです。
3匹の子ツバメが、その様子を眺めているのが分かりますかねぇ~。咄嗟に撮った写真なので分かり難いですか?
ツバメの習性なんか何も知りませんが、こんな瞬間に出会えて・・・ただただ感動してしまいました。

H19811

さつま揚げのレシピをコメント蘭に書き込みしておきますので、ご興味のある方はご覧下さい。作るだけの価値はありますヨ。

8月10日

作りましたヨー・・さつま揚げをたーぷりと。今回は、鯵とイワシと真ダラでつくりましたので、1個20円ぐらいで仕上がりました。ごぼう天とイカ天です。

H1989

そしてこれが、マミ用に作った〔調味料抜き〕の分でーす。人参とごぼうと椎茸がたーぷり入っています。

H1989_2

昨日散歩した新築住宅の軒下で、つばめの巣を見つけました。ヒナ鳥が3羽いました。もぉ間もなく巣立ちでしょうかねぇ~。

H19810

今朝の出会いのワンちゃん。とても元気が良く若いワンちゃんでしたが・・・こんな具合にご挨拶。

H19810_2

8月9日 今朝の散歩

今朝は、この所マミの調子が良いので・・マミに任せて好きなだけ歩かせてみました。

景気が良くなってきているのでしょうかねぇ~。

新築の住宅が立ち並んでいます。

H1989_1

さすがに、30分たったところで・・「もぉ帰ろうかぁ~」と、こちらに振り向きました・・でパチリ。

H1989_2

今日で、10日間もステロイドを与えていません。〔それでも元気。〕

さぁ、今日は此れから材料を仕入れて、さつま揚げを作るゾー。うまく出来上がりましたらその内、画像をUPしますネ。これは、前回作ったさつま揚げの画像です。

Photo

めちゃくちゃ美味しかったです。皆さんにもお裾分けを・・どうぞ召し上がれ。

8月8日

今朝の出会いのワンちゃん。とても大人しいダルメシアン犬でしたが、若くて元気なので、マミはとっとこ・とっとこ別の方向に歩いて行ってしまいました。

H1988

おしっこの匂いを嗅ぎまくるマミです。〔汚ねーなぁ~。その口で顔をペロペロ舐められるこっちの事も考えてくれー。〕

H1988_2

皆さんのワンちゃんが変な虫にカジカジされませんように、虫除け効果のあるラベンダーのお香を。

Photo

私の造りました仙人さんのお香立てです。

| | コメント (15)

8月1日

8月5日今朝の出会いのワンちゃん。

若くて元気そうな黒ラブちゃんでしたので、マミはやっぱり・・しらんぷりして別方向へトコトコ・・・。

飼い主さんが「ほら、見てご覧・・お人形さんみたいに可愛いヨ~」っとマミのことを言ってくれたので・・親ばかユーシンは・・マミがどんどん違う方向に歩き出しているのも忘れて、黒ラブちゃんをパチリ。

H19851

H19852

8月4日

今朝の出会いのワンちゃん。

H1984

いよいよ夏本番ですネ。皆さんお身体ご自愛下さい。

8月2日

マミへの手作りご飯のきっかけは、マミの腰が悪くなってから色々調べている内に読んだ本により知ったドッグフードへの恐怖からでした。

ドッグフードを与えない以上、しかたなく始めた手作り食でしたので毎日同じものを作っていました。そうするとマミが飽きてきて段々食べなくなってくるんです。〔なぁ~んだぁ・・今日もこれかぁ~。〕ってな様子。

で、ちょっとだけ工夫してみると・・バクバク・・あっという間に食べてくれたんです。「おいおい丸呑みかよー。」・・とても嬉しくなる、この気持・・分かります?

〔よーし、もっと美味しいものを作るゾー。〕で、本格的に始まったマミへの手作り食ですが・・今や18種類に及びます。

アジとイワシと木綿豆腐の団子なんか、簡単に作れてしかもヘルシー・・・そりゃそうだ、身体に良いものを考えて作っているんだから・・・。これにタ゜シ汁に、塩・胡椒・醤油・味醂で味付けしたあんを掛けて、しらがネギと生姜を添えて食べてみました。めちゃくちゃ旨い。

今では、マミのお陰で我が家の食卓は健康食に大変身。マミありがとうヨ。

8月1日

朝の出会いのワンちゃん。

5歳とのこと。優しい目をしたとても大人しいワンちゃんでした。

若いワン子を嫌がるマミですが、自分からスリスリしていきました。

若くても、優しい大人しいワンちゃんは大丈夫なんですねぇ~。

H1981_5

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »